Now Loading...

Now Loading...

  • 構成

    オンライン
    約350題の練習問題

  • 目安学習時間

    10時間~20時間程度

  • 価格

    2,398円(税込)

  • 受講期間

    購入後90日間

最新のCLF-02完全対応!業界最安水準の2,398円(税込)で販売中
クレジットカード決済ですぐに購入可能です

コースの特徴

  • 世界中でのべ1,000万人以上のリスキリングを支援しているWhizlabs社と日本で唯一連携

  • 全世界で30万人が受講し合格率90%以上を誇るWhizlabs社のAWS認定試験対策のオンライン問題集を日本にて、日本語で提供

  • 本コースでは、「AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C02) 」の本番同様の問題数(全65問)を収録した模擬試験が4セットと分野別小問集にて、のべ350題の問題を含む

  • オンラインにていつでもどこでも受講可能、間違えた問題を分野別に絞って復習することも可能

本コースのメリット

  • 信頼のクオリティ

    実績豊富なグローバルの教材を完全日本語化 最新の問題傾向を随時反映

  • デバイスフリー

    パソコンでもスマートフォンでも利用可能なので、自宅で演習した結果を通勤中に復習可能

  • 本番想定の模試

    本番と同様の90分65問の模擬試験を4つ収録 本番に向けてじっくり準備できます

  • 全問解説付き

    すべての問題には詳しい解説つき。 問題を解いた直後にすぐ確認することも可能

  • 原文(英語)も利用可

    原文も利用可能なので、実際の開発現場で必要となる英語ドキュメントを読む力も養成

  • 充実の復習機能

    間違えた問題に絞って復習可能。分野ごとにトレーニングすることで苦手分野を克服

プロダクション

Whizlabs社の信頼のコンテンツ

Whizlabs社の学習コンテンツは、2000年の創業以来500社を超えるグローバル企業から利用されています。

最新のCLF-02完全対応!業界最安水準の2,398円(税込)で販売中
クレジットカード決済ですぐに購入可能です

履修要件

  • 「AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C02)」受験を目指される方

到達目標

  • 「AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C02)」合格

ご利用者の声

  • 書籍の問題集や他社のオンライン教材と違っていて、最新の問題傾向をおさえているため学習者におすすめしています。

    AWSコース講師

    人材研修会社

  • 運営者が不明な問題集が多い中、有名企業と連携した本問題集であれば安心して利用できます。

    人事部

    大手IT開発会社

  • 業界最安水準の価格で利用でき、コストパフォーマンスに優れた問題集だと思って選びました。

    受験生

    フリーランス

コースシラバス

Step1 はじめに

  • はじめに
  • チャレンジテスト

Step2 模擬試験

  • 模擬試験1 (AWS-CLF)
  • 模擬試験2 (AWS-CLF)
  • 模擬試験3 (AWS-CLF)
  • 模擬試験4 (AWS-CLF)
  • 旧:模擬試験(AWS-CLF01)

Step3 分野別小問集

  • 分野別小問集 (第1分野:クラウドのコンセプト )
  • 分野別小問集 (第2分野:セキュリティとコンプライアンス)
  • 分野別小問集 (第3分野:テクノロジー)
  • 分野別小問集 (第4分野:請求と料金設定)
  • 旧:分野別小問集(CLF01用)

Step4 トレーニングモード

  • 全問題トレーニング
  • 分野別トレーニング

よくある質問

  • ビデオ教材やプログラミング演習は含まれていますか?

    本コースは全て「AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C02) 」対策の模擬試験問題のみで構成されています。講義やビデオ教材は含まれませんので、ご了承ください。

  • 修了証の発行はありますか?

    はい。全ての修了要件を満たされた方には修了証を発行しております。

  • サポートはついてますか?

    システム不具合などのテクニカルサポートを除き、本コースにサポートサービスはつきません。確認テストには解説、出典等の情報をできる限り掲載しておりますので、ご参考にしていただき、ご自身のペースで学習を進めてください。

  • 推奨環境について教えてください。

    本サービス利用に際しましては、PCにて、Chrome(最新バージョン)の利用を推奨して おります。その他のブラウザでの対応も随時確認はしておりますが、ブラウザの種類やバージョン、PCのメモリ、OS環境との組み合わせ次第で、まれに表示や処理速度等に不具合が出ることがございますので、ご了承の上、お使いください。また、i-Pad等タブレット端末やモバイル端末での動画の視聴などは可能ですが、サポートはしておりませんので、合わせてご了承ください。

  • コースの延長はできますか?

    はい、可能です。受講期限終了後、延長に関する案内がクラスルーム内に表示されますので、延長を開始されたいタイミングで手続きを進めてください(延長料金30日間 1,100円)。

最新のCLF-02完全対応!業界最安水準の2,398円(税込)で販売中
クレジットカード決済ですぐに購入可能です

関連コース

AWS認定クラウド・プラクティショナー試験の最新情報:

誰がAWS認定クラウド・プラクティショナー資格を取得できますか?

AWS認定クラウド・プラクティショナー資格は、以下のような方々を対象としています:

  • IT以外のバックグラウンドを持ち、クラウド関連のキャリアへの移行を目指す方。
  • 営業、製品管理、プロジェクト管理、顧客サービス、およびその他の業務に携わるプロフェッショナルで、AWSクラウドに関して技術的な利害関係者や顧客と効果的にコミュニケーションする能力を強化することを目的としています。
  • より高度なAWS認定資格を取得する前に、AWSクラウドの基礎知識を習得したいエントリーレベルのITプロフェッショナル

AWS認定クラウドプラクティショナー試験(CLF-C02)を受験するための前提条件は何ですか?

AWSクラウドプラクティショナー CLF-C02の受験資格は、AWSクラウドの設計、実装、運用の実務経験を半年程度積んでいることです。

AWS CLF-C02認定資格は、AWSクラウドのキャリアに着手する、またはAWSクラウドの専門家と共に働く、ITの経歴を持たない個人に特に適しています。

以下の分野の専門知識を有することが望ましい:

  • AWSクラウドの原則とコンセプトの理解
  • AWSクラウド内のセキュリティとコンプライアンスに関する考察に精通していること。
  • AWSの基本的なサービスに精通していること。
  • AWSクラウドに関連する経済的側面の理解。

CLF-C01 vs CLF-C02

旧版CLF-C01と更新版AWS CLF-C02では、ドメインの数は変わりませんが、各ドメインの問題数が異なります。

更新されたAWS認定クラウドプラクティショナー試験(CLF-C02)では、コンテンツドメインの調整とトピックの追加が行われています。これらの変更は、より包括的で最新のAWS知識の評価を提供することを目的としています。主な変更点は以下のとおりです:

  • ドメイン・ウェイトの変更
  • セキュリティーとコンプライアンス」は、試験の30%を占めるようになり、前バージョンから5%増加した。
  • クラウド・テクノロジーとサービス」ドメインのウェイトが1%上昇した。
  • クラウドコンセプト」領域が2%縮小。
  • 「請求、価格設定、サポート」は、質問のウェイトで4%減少した。
  • スコープ拡大
    • CLF-C02 試験において、「移行」および「ビジネスアプリケーション」に関連するタスクは、スコープ外とみなされなくなりました。これは、これらのトピックが試験内容に含まれるようになったことを意味します。
  • クラウド設計原則の重視
  • 以前の CLF-C01 試験でも「クラウド設計の原則」の概念はカバーされていましたが、CLF-C02 試験ガイドでは、AWS Well-Architected Framework のコンテキスト内でこれらの原則を理解することに焦点が当てられています。このことから、受験者は、AWS のベストプラクティスに従ってクラウド設計原則の知識を評価する問題に備える必要があります。

以下の表は、CLF-C01 および CLF-C02 試験の各分野の区分と問題配分の概要を示しています。各分野は、それぞれ異なるスキルセットと知識ベースを必要とする、明確な専門分野を意味します。

clf-c02-exam

CLF-C02試験のドメイン概要

AWS認定クラウド・プラクティショナー CLF-C02試験のドメインは4つに分かれています:

領域1:クラウドの概念 (24%)

  • このパートは試験の24%を占めており、AWSクラウドのコンセプトに関する問題が16問ほど出題されます。
  • AWSクラウドの価値、グローバルインフラ、コスト削減など、AWSクラウドの基本を理解していること。Well-Architected FrameworkとCloud Adoption Framework(AWS CAF)に精通していること。
  • AWS CAFを新たに搭載し、ビジネスリスクを低減し、運用効率を高める方法をご紹介します。

領域2:セキュリティとコンプライアンス(30)

  • この領域は試験の3割を占めるので、セキュリティとコンプライアンスに関する約20問が出題される。
  • セキュアなクラウドソリューションに対するAWSと顧客の責任を定義したAWS共有責任モデルを理解する。
  • 最小権限アクセスなどのセキュリティ原則や、暗号化、アクセス管理、ガバナンスのためのAWSセキュリティサービスの使用方法について知る。

領域3:クラウド技術とサービス(34)

  • AWSクラウドの技術とサービスに関する約22問に相当し、試験の34%をカバーしています。
  • このドメインは以前のバージョンと似ているが、より多くのAWSサービスとカテゴリーが含まれている。
  • 専門家である必要はないが、機械学習や移行・転送のようなサービスを特定し、理解する必要がある。

領域4:請求、価格設定、サポート(12)

  • このセクションは試験の12%を占め、請求、価格、サポートに関する問題が約8問出題される。
  • オンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンス、スポットインスタンスなどのAWSの価格モデルについて学びます。
  • AWS Budgets、AWS Cost Explorer、AWS Pricing Calculatorなどのコスト管理ツールを理解する。
  • サポート・リソース、文書、さまざまなサポート・プランの違いについて知っておく。

AWS認定クラウドプラクティショナー(CLF-C02)試験で検証されるスキルは何ですか?

AWS認定クラウドプラクティショナー(CLF-C02)試験は、特定の職務に関係なく、AWSクラウドを包括的に理解する個人のために設計されています。この認定資格は、受験者が以下のタスクを実行する能力を評価します:

  • AWSクラウド活用の価値を知っていること。
  • AWSの責任共有モデルを理解し、明確に説明する。
  • AWSセキュリティのベストプラクティスに精通している。
  • AWSクラウドのコスト構造、経済的考慮事項、請求手続きの把握。
  • コンピュート、ネットワーキング、データベース、ストレージサービスなど、AWSの主要サービスの説明と位置づけ。
  • 一般的なユースケースに適したAWSサービスの特定

AWS Cloud Practitioner CLF-C02試験のトピックとサービスは何ですか?

AWSが提供する公式AWS Cloud Practitioner CLF-C02試験ガイドに基づき、以下のサービス、clf-c02シラバス、および概念は重要であり、試験に出題される可能性があります。したがって、これらの分野に精通することを強くお勧めします:

  1. API
  2. AWSクラウドへの移行のメリット
  3. AWSクラウド・アダプション・フレームワーク(AWS CAF)
  4. AWSコンプライアンス
  5. 計算する
  6. コスト管理
  7. データベース
  8. Amazon EC2のインスタンスタイプ(リザーブド、オンデマンド、スポットなど)
  9. AWSグローバルインフラ(AWSリージョン、アベイラビリティゾーンなど)
  10. コードとしてのインフラストラクチャー(IaC)
  11. AWSナレッジセンター
  12. 機械学習
  13. 経営とガバナンス
  14. マイグレーションとデータ転送
  15. ネットワークサービス
  16. AWSパートナーネットワーク
  17. AWS規定ガイダンス
  18. AWS価格計算機
  19. AWSプロフェッショナルサービス
  20. AWS re:Post
  21. AWS SDK
  22. セキュリティ
  23. AWSセキュリティブログ
  24. AWSセキュリティセンター
  25. AWS責任共有モデル
  26. AWSソリューションアーキテクト
  27. ストレージ
  28. AWSサポートセンター
  29. AWSサポートプラン
  30. AWS ウェルアーキテクチャーフレームワーク

AWS Certified Cloud Practitioner CLF-C02認定試験の合格点は変わりましたか?

更新されたAWS Certified Cloud Practitioner認定試験CLF-C02は、現在のCLF-C01試験と同様の構成を維持しています。主な更新点は以下のとおりです:

  • CLF-C02 問題集は65問の選択問題と記述問題から構成されて います。ほとんどの問題では、4つの解答選択肢が提示され、正しいものを選択する必要があります。問題によっては、5つまたは6つの答えの選択肢があり、2つまたは3つの正しい答えを選択する必要があります。
  • 全65問のうち、 最終スコアに加算されるのは 50 問のみです。 残りの15問はAWSが評価のために使用し、スコアには影響しません。
  • どの問題が得点になり、どの問題が得点にならないかという区別はないことに注意することが重要だ。ただし、 当てずっぽうの解答にペナルティはないので、たとえ推測に基づくものであっても、すべての質問に解答を提示することが望ましい。
  • 前回のCLF-C01試験と同様、CLF-C02試験も100点から1000点満点で採点され、 合格最低 点は700点です。

AWS認定クラウドプラクティショナー CLF-C02試験の対象外となるAWSサービスは?

AWS公式試験ガイドによると、範囲外のAWSサービスは以下の通りです:

S. No.CLF-C02試験に含まれないもの
1Amazon GameLift
2Amazon Lumberyard
3AWS Elemental Appliances and Software
4AWS Elemental MediaConnect
5AWS Elemental MediaConvert
6AWS Elemental MediaLive
7AWS Elemental MediaPackage
8AWS Elemental MediaStore
9AWS Elemental MediaTailor
10Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)
11AWS RoboMaker

無料でダウンロードできるAWS CLF-C02の試験問題集

AWS CLF-C02試験の目的とコンセプトに精通するには?

AWS Certified Cloud Practitioner CLF-C02試験に慣れるために、あなたは以下の資料を参照することができます:

  • 試験ガイドから始めましょう: AWS が提供する公式の AWS CLF-C02 試験ガイドを読むことから始めましょう。 このガイドには、試験でカバーされる内容の概要が記載されています。
  • AWS リソースを検索します: 試験トピックに関連する AWS のホワイトペーパーや公式ドキュメントをご覧ください。これらの資料は、クラウドに関する知識を身につけるのに役立ちます。
  • オンラインコースを受講する: AWS認定クラウドプラクティショナーCLF-C02コースを提供しているオンラインプラットフォームを探しましょう。これらのコースには、ビデオ、模擬試験、実習ラボが含まれていることが多く、効果的に学習することができます。
  • 試験シミュレータで練習します: AWS認定資格のためにデザインされたAWS CLF-C02模擬試験を利用しましょう。模擬試験を利用することで、試験の形式に慣れ、準備態勢を整えることができます。
  • 実地経験を積む: この試験ではAWSの実地経験は必須ではありませんが、理解を大きく深めることができます。AWSサービスを試して、実践的な経験を積んでください。 CLF-C02のハンズオンラボを 利用する ことで、 実際のシナリオを提供することができます。
  • AWS Free Tierを使う: AWSFree Tierを使用して、AWSサービスを試して みましょう。これは、AWS CLF-C02認定資格で学んだことを実践的に経験し、適用するための費用対効果の高い方法です。

よくあるご質問

CLF-C01とCLF-C02の違いは何ですか?

CLF-C01とCLF-C02を比較すると、顕著な違いは、クラウドの概念、課金、価格、サポートに関する設問数が減少していることである。

AWS認定クラウドプラクティショナー CLF-C02試験でカバーされるドメインは何ですか?

  • ドメイン1 – クラウドの概念
  • 領域2 – セキュリティとコンプライアンス
  • ドメイン3 – クラウド技術とサービス
  • 領域4 – 課金、価格設定、サポート

最新のCLF-02完全対応!業界最安水準の2,398円(税込)で販売中
クレジットカード決済ですぐに購入可能です