Now Loading...

Now Loading...

スケーリング則(Scaling Laws)

生成AIの技術 動向 スケーリング則(Scaling Laws)

 スケーリング則(Scaling Laws)とは、モデルをスケール(大規模化)させることで性能が向上する関係を表したものです。

 具体的な関係性はパラメータ数、データセットのサイズ、計算資源と誤差との関係を表しており、パラメータ数、データセットのサイズ、計算資源(PF-days)の対数と誤差がの比例関係があります。

 この法則に基づくと、AIを大規模にしていくほど性能が向上していくため、より大規模なモデルの構築が進んでいますが、同時にハード部分やデータ量で限界があるため、効率よく性能をあげる手法が模索されています。

※PF-days とはAIの計算量を評価するときの単位です

👉より体系的に学びたい方は「人工知能基礎」(東京大学松尾豊先生監修)へ

スケーリング則の説明として正しいものを選べ

  • 正解を見る
  • 解説を見る
    スケーリング則とはモデルの性能とパラメータ数、データセットのサイズ、計算資源と誤差との関係を表しており、これらが増えることで性能が向上することを示しています。そのため、世界ではモデルの大規模化が進んでいます。

    👉G検定の受験対策は約1,000問収録の「G検定実践トレーニング」へ

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

zero to oneの「E資格」向け認定プログラム

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験ならzero to oneの「E資格」向け認定プログラム (税込165,000円) をおすすめします。当講座は、東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授と東北大学大学院情報科学研究科の岡谷貴之教授が監修する実践的なプログラムとなっています。 厚生労働省の教育訓練給付制度対象のE資格認定プログラムの中では最安値※となり、実質負担額49,500円~(支給割合70%の場合)で受講可能です。※2023年弊社調べ zero to one E資格 jdla