zero to one

(パスワードを忘れた方はこちら)

会員登録されていない方

新規会員登録(無料)

新着情報

プレスリリース:zero to one、パーソルキャリアと連携、「JDLA認定プログラム」を日本で初めて大学・大学院生向けに無償提供

2018年11月13日

このたび、株式会社zero to one(本社:宮城県仙台市、代表取締役:竹川隆司、以下「zero to one」)は、総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する、データサイエンティスト学習支援プログラム「Data Ship(データシップ、Data Scientist Hatching Internship Program)」と連携、2018年11月13日(火)より、日本ディープラーニング協会の『JDLA認定プログラム』である、zero to oneの「機械学習」「ディープラーニング」の両コースを、日本で初めて大学生向けに無償提供しますので、お知らせいたします。

■本プロジェクトの背景と概要
昨今、さまざまな分野において、データサイエンティストをはじめとする先端IT人材のニーズが高まっています。しかし、経済産業省の調査によると、2020年には先端IT人材が約4.8万人不足する※1と言われています。特に、最先端のデータ処理技術としての機械学習、ディープラーニングの習得は今後ますます重要性が高まると考えられています。そのため、日本ディープラーニング協会はディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する「E資格」を創設し、2018年10月にはその最初の合格者234名が発表されましたが※2、学生の合格者は少なく、将来を担う若い世代の育成が求められています。

※1:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省 平成28年6月10日)より
※2:「E資格(エンジニア)2018」結果発表(日本ディープラーニング協会 平成30年10月12日)より

そこでこの度、zero to oneと「Data Ship」は、「E資格」の取得に必要な『JDLA認定プログラム』である、zero to oneのオンライン教材「機械学習」「ディープラーニング」の両コースを、学生向けに無償提供します。まずは、近畿大学、東京大学、東北大学等の研究室協力のもと、機械学習やディープラーニングに関心の高い学生に対して広く両コースを提供し、若手先端IT人材の育成を目指します。

■本プロジェクトの特徴
① zero to oneの「機械学習」「ディープラーニング」を無料で受講できます。
② オンライン学習なので、時間や場所を選ばず受講することが可能です。
③ 全ての修了要件を満たすことで、「E資格」の受検資格を取得できます。

■本プロジェクトの概要
・対象者:全大学生・大学院生
・受講時間:約100時間
・受講期間:約3カ月
・受講料:無料 ※一部条件を満たした方は、「E資格」の受検費用も免除
・受講環境:オンライン
・受講内容:機械学習コース、ディープラーニングコース

<2018年11月26日現在:第1次募集を締め切りました。次回募集概要は改めてお知らせします。>

■株式会社zero to oneについて< https://zero2one.jp/
 zero to oneは、「社会とともにイキイキと行き続ける力を引き出す」を企業理念に、先端技術分野の人材育成に向けて、オンラインを中心に教育プログラムの開発、運用を行なっています。「機械学習」、「ディープラーニング」が日本ディープラーニング協会の「JDLA認定プログラム」にも選定されるなど、特に人工知能分野の人材育成に強みを持つ教育ベンチャーです。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
 パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「Data Ship」とは
「Data Ship」は、データサイエンティスト学習支援プログラムです。データサイエンスのスキルは、現在あらゆる企業に強く求められています。そこで、未経験者から経験者まで、多くの方に学習機会や多種多様な企業での実務体験を提供し、その担い手を増やしたいという想いから生まれたのが「Data Ship」です。