Now Loading...

Now Loading...

人工知能のおおまかな分類

人工知能とは 人工知能の定義 人工知能のおおまかな分類

人工知能は大きく分けて、4つのレベルに分類されます。

まず、レベル1は「単純な制御プログラム」です。これはエアコンのような、センサーで温度を測定し、自動でOn/Offを切り替えるようなものを指します。レベル2は「古典的な人工知能」であり、自動で掃除するロボットのように多彩な振る舞いを見せるものを指します。自ら学習することはしないのが特徴です。レベル3は「機械学習を取り入れたAI」であり、学習データから自らその特徴やルールを学習することが可能です。レベル4は「ディープラーニングを取り入れたAI」です。ディープラーニングは機械学習の手法の一つであるニューラルネットワークを更に発展させたものであり、レベル3よりも更に高度な精度を実現します。

クイズ

レベル1の人工知能の例として最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    レベル1の人工知能はセンサー等を用いた単純な制御プログラムを指します。目覚まし時計は時間を測定し、指定の時間になった瞬間に音を出す機構をONにするためレベル1に該当します。

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介