Now Loading...

Now Loading...

人工知能研究のブームと冬の時代

人工知能とは 人工知能研究の歴史 人工知能研究のブームと冬の時代

人工知能の歴史において、大きく三つのブームが存在します。

そして、その間には冬の時代が存在していました。冬の時代とは人工知能に対する期待と実際の人工知能との乖離により生まれたものです。

第一次AIブームは1950年代に発生した「推論・探索の時代」と呼ばれるものです。簡単な定理の証明や迷路の探索は行えましたが、複雑な現実社会の問題が解けないことが明らかになり、冬の時代を迎えました。

第二次AIブームは1980年代の「知識の時代」であり、コンピュータに知識を与えることで専門家のような応答が可能なAIが生まれました。しかし、膨大な情報をルール化することが難解であることが明らかになり再び冬の時代になります。

第三次AIブームは2000年代から現在まで続き、「機械学習の時代」と呼ばれます。機械学習を用いてAIが自ら学習することが可能となったので第二次AIブームの課題は解決されました。ディープラーニングの登場により第三次AIブームは更に加速しています。

クイズ

第一次AIブームでは迷路の解き方やチェス,定理の証明等をコンピューターが解くなどしてブームが訪れたが,特定の問題に対しては有用でも複雑な現実社会の課題を解くことはできないことが判明しブームは終息した.第一次AIブームの主な研究内容を表すものとして最も適切な選択肢を1つ選べ.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    第一次AIブームは「推論や探索」といった手法が使われました.「教師あり学習や教師なし学習 」は人工知能の学習方法のカテゴリです.「知識や情報」は第二次AIブームの「知識」を含みますが,第一次AIブームとは無関係です.「機械学習やディープラーニング」は人工知能のカテゴリです. (参考: G検定公式テキスト 第2版 第1章 1-3 P23) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P9-10)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介