Now Loading...

Now Loading...

はじめまして!株式会社 zero to one が運営する「<体験型>学習ブログ」へようこそ!

zero to one 編集長です。

まだコンテンツが少なくこのサイトってどんなことができるの?何を提供しているサイトなの?と疑問に思われている方が多くいらっしゃると思います。そこでまずはじめにこのサイトを開発するきっかけになったエピソードを紹介させてください。

なぜこのブログサービスをスタートしたのか

皆さん、ブログやnote、その他教育サイトの記事などで、プログラミング言語等について学んでいる際に、こんな経験をされたことはないでしょうか?

  • プログラムを読んでいるだけでわかった気になっている自分がいる
  • 参考にしたサイトのプログラムを手元で実行するとエラーがでる
  • プログラムの体験ができず結局挫折してしまった

こんな悩みや疑問を解決したいという思いから誕生したのが「<体験型>学習ブログ」です。

このブログでは、人工知能や統計、数学などの学習・利用に不可欠な知識とスキルを実際に手でプログラムを動かしたり選択肢形式のクイズに答えながら学ぶことができます。

読んで終わりではなくその場でコードの実行ができる!この魔法のような体験を多くの方と共有したいと思っています。

現時点ではコンテンツが少ない状況ですが(サービス提供開始日:2022.9.9)みなさまからの声を参考にさせていただきながら、コンテンツはどんどん追加します。初学者の方から上級者の方まで学べる、幅広い学習内容を提供する予定です。

画像・動画を用いた視覚的な理解

人工知能は様々な学問分野に関わるトピックですが、中でも特に人工知能の仕組みの核をなす数学的概念は、なかなか一筋縄に理解するのは難しいものです。

そのため、この<体験型>学習ブログではグラフやイメージ図・動画を用いて、視覚的に理解をしやすい学習の提供を目指しています。

プログラムを通じた実用的な理解

人工知能を実際に利用できるスキルを獲得するためには、人工知能の仕組みを概念的に理解するだけでは不十分であり、それらの学んだことがどのように実装(プログラム)されているのかを知る必要があります。

そのため、このブログでは度々登場するコードエディターを利用して、プログラムを実行しその結果を見ることができます。

コードエディターの使い方

ここで簡単なプログラムを使ってコードエディターを体験してみましょう。

1. プログラムの実行

以下のようなコードエディターのプログラムは、エディター左下の実行マークをクリックすることでプログラムの実行ができます。試しに、以下のプログラムを実際に実行してみましょう!

コードエディターの使い方

 

2. プログラムの編集

プログラムは好きなように書き換えることができます。先ほどのプログラムのaやbの値を変えて、プログラムを再度実行してみましょう。

 

エディターによってはコードの編集が許されていないものもあります。その場合は下のエディターのように「編集不可」という表示がありますので気をつけてください。

 

3. エディター画面の拡張

以下のようにプログラムが長いときは、エディター画面下部の”開く”をクリックすると、全体を見ることができます。

 

4. 主なライブラリのバージョンについて

<体験型>学習ブログのテキストエディターでは、以下のバージョンのPython、NumPy、TensorFlow、PyTorchが収録されています。

※1. 2022.9.9 時点での情報です。
※2. エディター依存の影響でエラーになる場合があります。

サービスリリース記念!人気教育系YouTuberとのコラボ企画を発表

サービスリリースに合わせ、100万人に迫るチャンネル登録者数を誇る日本最大規模の教育系YouTubeチャンネル『予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」(以下「ヨビノリ」)』とのコラボ動画を公開しました!

動画内に登場するグラフや図は<体験型>学習ブログで実際に体験ができます。以下に動画とブログのリンクを貼っておきましたのでぜひご覧ください!!

おわりに

最後まで見ていただきありがとうございます。

zero to one の<体験型>学習ブログでは「読むだけでなくさらに体験もできる!」新しい学びの形を実現を目指すブログサイトです。ここでの体験がゼロ(スタート)からイチ(ゴール)のちょっとの変化を生みいずれ大きな力になると考えています。日々の小さな体験の積み重ねを<体験型>学習ブログでは大事にしたい思っています。そしてまだまだ未熟なこのブログに訪れていただいたみなさんと「<体験型>学習ブログ」を大きく育てていけたらと考えています。

今後追加予定のコンテンツは zero to one が得意とする人工知能に関するコンテンツが中心になる予定ですが、皆さんの要望に応じてさまざまなコンテンツを提供してまいる予定ですのでぜひお問い合わせいただけたらと思います。

応援よろしくお願いします!!

\ シェア /

Related article

関連する記事はありません