Now Loading...

Now Loading...

特徴量設計

特徴量設計とは、データが持つ特徴をコンピュータが理解できるように数値化することです。人工知能の歴史において、従来は人間が特徴量設計を行っていました。

これはコンビニの売上データ等であれば容易に可能ですが、画像データ等では非常に困難な作業になります。ディープラーニングの登場によって、人工知能が学習データの特徴量を自動で学習することが可能となりました。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 (ア)をどのようにして行うかは機械学習上の難問であり、モデルの性能に大きく影響する。 (参考: JDLA推薦図書「人工知能は人間を超えるか」 P144 – 148」)
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    Feature Engineering(特徴量設計)は機械学習での難問の一つです。ディープラーニングでは特徴量を機械学習自身に発見させる特徴表現学習が行われます。

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介