Now Loading...

Now Loading...

強い AI と弱いAI

強いAIとは人間のような自意識や知能を持ち高度な判断を行うことが可能なAIであり、弱いAIとは知能を持たず特定の分野の問題のみを解決することが可能なAIのことを指します。

強いAIは未だ実現しておらず、フィクションの世界にしか存在していません。弱いAIとしてはチェスに特化したディープ・ブルーのようなAIや自然言語処理に特化したSiri等が該当します。「意識」や「知能」の定義が人によって異なるため、そもそも強いAIは実現可能なのか等議論の対象となることが多い概念です。

クイズ

以下の文章を読み,空欄(ア)~(イ)の組み合わせに最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ. (ア)と(イ)はアメリカの哲学者ジョン・サールが作った言葉である.(ア)は,正しい入力と出力を備え,適切にプログラムされたコンピュータは,人間が心を持つのとまったく同じ意味で心を持つと立場をとる.一方,(イ)は,心を持つ必要はなく,限定された知能によって,一見知的な問題解決が行えればよいとする立場をとる.ジョン・サール自身は,(イ)は実現可能でも(ア)は実現不可能だと主張した.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    「強いAI」とは,適切にプログラムされたコンピュータは人間が心を持つのと同じ意味で心を持ち,プログラムそれ自身が人間の認知の説明である,という考え方です. 「弱いAI」とは,コンピュータは人間の心を持つ必要はなく,有用な道具であれば良い,という考え方. (参考: G検定公式テキスト 第2版 第3章 3-1 P96) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P72-74)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介