Now Loading...

Now Loading...

シンボルグラウンディング問題

人工知能分野の問題 人工知能分野の問題 シンボルグラウンディング問題

シンボルグラウンディング問題とは、AIはシンボル(記号)が実世界とどのように結びついているかを認識できないという問題です。

例えば、人間であれば「シマウマ」という単語を与えられれば実際にシマウマを見たことがなくとも縞模様のある馬ではないかといった推測を行うことができます。しかし、AIにとって「シマウマ」とはただの文字列に過ぎず人間が当たり前のように行う思考はできません。AIは物事や文脈の本質を理解していないことを示す事例として有名です。

クイズ

以下の文章を読み,空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ. 第二次AIブームでは,どのようにして機械に知識を与えるかが大きなテーマであった.例えば,言葉同士の意味関係を定義する意味ネットワークを機械に与えることが提案されたが,必ずしも現実の概念との関連を理解できるかわからない(ア)という課題がある.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    コンピュータにとっての文字は記号の羅列であり,それが意味するものが結び付いていない(グラウンディングしていない)ことが問題になります.これをシンボルグラウンディング問題と呼んでいます. (参考: G検定公式テキスト 第2版 第3章 3-1 P98-100)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介