Now Loading...

Now Loading...

トイ・プロブレム

トイ・プロブレムとは迷路やオセロといったルールと目的が完全に定まっているような問題のことです。

1950年代に発生した第一次AIブームでは、当時のAIがトイ・プロブレムのような簡単な問題しか解けず、現実世界の複雑な問題に対して無力であることが明らかになりました。そして、次第に第一次AIブームは終焉しました。このような経緯からトイ・プロブレムは「AIはおもちゃのような問題しか解けない」という意味で用いられることもあります。

クイズ

第一次AIブームは特定の問題に対しては有用でも複雑な現実社会の課題を解くことはできないことが判明し終息した.迷路,オセロ,チェス,将棋,これらのルールが決まりきっている問題に関して,何と呼ばれるか最も適切な選択肢を1つ選べ.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    現実の問題とは違い,迷路や定理の証明のような簡単な問題をトイ・プロブレムと言います.「シンプルプロブレム」「チェスプロブレム」「ルールプロブレム」という言葉は,ここでは正解である「トイ・プロブレム」を選びにくくするためのダミーです. (参考: G検定公式テキスト 第2版 第1章 1-3 P23) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P9-10)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介