Now Loading...

Now Loading...

チューリングテスト

チューリングテストとは、人工知能が人間のように振る舞えるかを判別するテストです。

まず、人間の審査員がコンピュータのチャット等を通じて一人の人間及び人工知能と会話をします。会話終了後に審査員がどちらが人工知能であったかを回答します。このテストを複数の審査員で行い、人間と人工知能の区別がついていなければ合格となります。2014年、ロシアの人工知能である「Eugene Goostman」が30%以上の審査員に人間であると認識され史上初めてのチューリングテストの合格者となりました。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 「機械が人間的であるか」どうかを判定するためのテストとして(ア)がある。被験者には対話相手が機械か人間かは伏せられた状態で対話をしてもらう。対話後、機械と人間の区別ができなかった場合、機械は(ア)に合格したことになる。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    チューリングテストでは、別の場所にいる人間がコンピュータと会話をし、相手がコンピュータと見抜けなければコンピュータに知能があるとします。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第3章 3-1 P95-96) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P71-72)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介