Now Loading...

Now Loading...

シンギュラリティ

シンギュラリティとは、AIが人間の知能を凌駕し、AI自身がAIを進化させ続け人間社会に莫大な影響を及ぼす未来の時点です。

技術的特異点とも呼ばれます。発明家のレイ・カーツワイルが2045年頃にシンギュラリティが到来すると予言したことにより注目を集めるようになりました。レイ・カーツワイルによって人間の知性は人工知能と融和すると語られていますが、AIに意思や目的はなく、あくまで人間を補助するものだという批判もあります。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 人工知能の開発においてシンギュラリティという脅威が存在する.この脅威に対して、以下の人物それぞれの主張として適切なものをそれぞれ1つずつ選べ。 (参考: JDLA推薦図書「人工知能は人間を超えるか」 P31 – 32」) レイ・カーツワイル氏は(ア)
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    レイ・カーツワイルは自著『The Singularity is Near』の中で、シンギュラリティは2045年に到来すると述べました。

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介