Now Loading...

Now Loading...

ハノイの塔

ハノイの塔とはパズルの一種です。

3本の棒と大きさの異なる中央に穴が空いた円盤がn枚存在します。最初の状態は左側の棒に大きい円盤が下になるように積み重なっています。1回動作するごとに円盤を他の棒に動かすことができます。この際制約が存在し、大きい円盤を小さい円盤の上に乗せることはできません。全ての円盤を右側に移動させることができればクリアです。クリアに必要な回数は計算によって求めることができ、2^n-1回です。

クイズ

以下の図のように、三本の杭と、中央に穴の開いた三つの円盤がある。これら全てを初期位置から移動させ大きい積み木が下になるようにRの杭に重ねたい。一度に一つの円盤を動かせるとして、最短で何回円盤を動かせばよいか、最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    これはハノイの塔というタスクであり、第一次AIブームでも場合分けによって解決されていたゲームです。このような簡単なゲームしか解決できないことが明らかになり、第一次AIブームは終焉を迎えました。

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介