Now Loading...

Now Loading...

データの増加と機械学習

機械学習分野はビッグデータの発展に応じて加速的に精度を向上させました。

ビッグデータとは、2001年にGartner社によって示された「Volume(量)」、「Velocity(速度)」、「Veriety(種類)」の3つのVから成り立つデータ群という定義が一般的です。Veracity(正確さ)やValue(価値)といったVを付け加える定義も存在します。インターネットの普及により大量のビッグデータが生まれ、それに応じてデータを教材とすることで精度を向上させる機械学習も進化を遂げたのです。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 第3次AIブームは、コンピューターの処理能力の向上に伴い、(ア)を用いることで自ら知識を獲得する機械学習が実用化された。特に特徴量を自ら学習するディープラーニングが登場したことがブームのきっかけとなった。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    ビッグデータという大量のデータを用いることで人工知能が自ら知識を獲得する機械学習、が実用化されました。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第1章 1-2 P24) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P9-10)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介