Now Loading...

Now Loading...

イライザ( ELIZA )

イライザ( ELIZA )

イライザ(ELIZA)とは、ジョセフ・ワイゼンバウムによって開発された人工無能の元祖とも言えるコンピュータプログラムです。
このプログラムは、あらかじめ相手の発言のために様々な回答パターンを用意し、そのパターンに合致した発言があると、あたかも本当に人間と対話をしているように返答をする仕組みになっています。
その結果、本当にイライザが自分の発言を理解していると思い込み、イライザとの対話に夢中になるユーザーもいました。これをイライザ効果と言います。

クイズ

以下の文章を読み,空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ. 最近チャットボットという会話のできる人工知能の発達が著しい.例えばLINEやTwitterなどで盛んに技術導入されている.理由の一つとして,返答の仕方が生身の人間のように感じられることが挙げられる.このチャットボットに似たものとして1964年に開発された対話型システム(ア)があるが,単純なルールで駆動されるプログラムを相手にしてでも我々人はそこに心を感じてしまうという現象が知られている.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    イライザ(ELIZA)は精神科セラピストの役割を演じるプログラムで,人間とコンピュータが会話を行う最初のプログラムでしたが,本物のセラピストと信じる方も現れました. (参考: G検定公式テキスト 第2版 第3章 3-1 P95) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P71-72)

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla