Now Loading...

Now Loading...

推移律

推移律

「is-a」と「part-of」の関係には、推移律が成立する時があります。
推理率とはAとBに関係が成り立っており、BとCに関係が成り立っていれば、AとCにも自動的に関係が成り立つというものです。
「is-a」の関係で推移律が成立することの例として、「人間 is-a 哺乳類」という関係と「哺乳類 is-a 動物」という関係が成立するとき、「人間 is-a 動物」という関係が成立することが挙げられます。
「part-of」の関係で推移律が成立することの例として、「東京 part-of 日本」という関係と「日本 part-of アジア」という関係が成立するとき、「東京 part-of アジア」という関係が成立することが挙げられます。
しかし、関係の種類によって推移律が成立するものとしないものがあるため、注意が必要です。

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla