Now Loading...

Now Loading...

誤差逆伝播法

誤差逆伝播法

誤差逆伝播法は、出力の精度向上のために用いられる学習手法の一つであり、実際の出力をお手本の出力と比較しそれを元に重みやバイアスを修正する方法です。

LeNetや現在のCNNなどには、誤差逆伝播法を用いるのが一般的になっています。

クイズ

以下の文章を読み、空欄に最もよく当てはまる選択肢を 1 つ選べ。 学習の際に用いられる誤差逆伝播法では、初めに()における誤差関数の勾配を計算する。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    誤差逆伝播法では出力層で誤差関数の勾配を計算し、重みとバイアスを調整した後は出力から逆方向に向かって逆伝播し、勾配を計算して重みとバイアスを調整、これを逆伝播しながら繰り返します。

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla