Now Loading...

Now Loading...

バッチ学習

バッチ学習

バッチ学習とは全ての学習データを利用し学習する手法です。

学習の流れとしては、データを全て利用して損失関数を導出し、それを用いてパラメータを更新する作業となります。この手法のメリットとしては全てのデータを利用するために、モデルの精度がある程度安定している点、少量の異常データが存在している場合にも悪影響が少ないという点です。デメリットとしては全てのデータを利用するため、計算コストが多大になってしまうこと、随時モデルを更新しなければならない株価などの推定においては対応が困難であるという点です。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 確率的勾配効果法の一種として、パラメータの更新にすべての訓練データを用いる手法を(ア)と呼ぶ。これは全データの損失関数の変化を考えるため、学習結果が安定しやすいといわれている。 (参考: JDLA推薦図書「深層学習」 P23 – 27」)
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    学習対象となるデータを全てまとめて一括で処理する方法をバッチ学習(一括学習)と言います。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla