Now Loading...

Now Loading...

ディープラーニングのデータ量

ディープラーニングのデータ量に関して、理想的な学習にはモデルのパラメータ数の10倍以上のデータ数が必要だという「バーニーおじさんのルール」という経験則があります。

AIの歴史において、インターネットの普及によりビッグデータと呼ばれる大量のデータが利用可能となり、AIは加速的に発展を遂げました。

クイズ

ディープラーニングの学習において、モデルの精度を向上させるためには適切なデータセットを用いるのが第一である。これに関して、最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    機械学習において、必要なデータの量はモデルのパラメータの十倍だという経験則をバーニーおじさんのルールといいます。

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介