Now Loading...

Now Loading...

tanh 関数

tanh関数は入力を-1~1の値域で出力する関数です。

導関数の最大値が1と大きく、シグモイド関数といった導関数の最大値が小さい活性化関数と比較して勾配消失問題を抑制するといった利点があります。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 有名な活性化関数にtanh関数がある。シグモイド関数は0から1の値をとるが、tanh関数は(ア)の値をとる。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    tanh関数はシグモイド関数と違って原点を通り、-1まで値をとるので0付近の値に対して勾配が大きくなります。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第5章 5-4 P174-175) (参考:G検定公式テキスト 第1版 P138-139)

<個人向け>G検定&E資格オンライン講座の紹介