Now Loading...

Now Loading...

確率的勾配降下法

確率的勾配降下法

確率的勾配降下法とは、最急降下法の一種で、ランダムなデータ一つのみで勾配を求め、パラメータの更新をしていく作業をデータの数だけ行う方法です。

最急降下法では全てのデータを毎回使用するため、局所解に陥ってしまう可能性がありましたが、確率的勾配降下法では一度局所解に陥ってしまっても次のデータはランダムであるため、脱出が可能であるという利点があります。また、一つのみの損失を考慮するため、計算量も少なく済みます。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 深層学習や機械学習では訓練データの中からランダムに取り出した一部のデータのみを学習に用いるという手法がしばしば使われる。また、この過程は繰り返され、 その度にランダムにサンプリングは新たに行われる。 このような手法は(ア)と呼ばれる。 (参考: JDLA推薦図書「深層学習」 P23 – 27」)

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla