Now Loading...

Now Loading...

成果物を知的財産として守る

成果物を知的財産として守る

社内のAI成果物を知的財産として守るためには、不正競争防止法において「営業秘密」として保護を受ける必要があります。

これには①秘密管理性②有用性③非公知性の三つの条件を満たさなければなりません。①秘密管理性に関して、暗号化やパスワードでの鍵付け等の管理が行われた上で、企業がモデルが営業秘密である旨をしっかりと社員に周知している必要があります。②有用性は営業上、技術上において商業的な価値があるものです。③非公知性とはその情報が一般的に入手することができないような状態を指します。AIは急速に発展した分野であるため、法的な保護について経済産業省と特許庁が検討会を設置し、議論を行っています。

クイズ

経済産業省が所管する不正競争防止法における営業秘密について述べたものとして、最も適切な選択肢を1つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    営業秘密として保護されるのは技術に関する情報だけでなく、営業に関する情報も保護の対象となります。また、脱税等は正当な事業ではないため保護されません。営業秘密として法の保護を受けるためには以下の図の三つの要素を満たす必要があります。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント