Now Loading...

Now Loading...

AI を運用した場合のプロセスの再設計

AI を運用した場合のプロセスの再設計

AIを運用している際、思ったよりも精度が出ない、また費用や時間がかかりすぎる場合はプロセスを見直すことが重要です。

ここで参考になるのが、BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)という概念です。BPRは検討・分析・設計・実施・評価の5ステップから構成され、根本的にプロセスを見直すものです。AIは進歩が急速な分野であるため、時には社外のAI人材と協力して自社のプロセスを客観的に評価することも重要です。

クイズ

AIを適用したプロセスの再設計に関する次の文章のうち、適切なものを選べ. 1. AIを利活用する場合には、BPR(Business Process Re-engineering)が必須である. 2. AIを利活用する場合、現プロセスのコストとAI導入後のコストを算出する必要があるが、AI導入後のコストが増大する場合に、AIの適用箇所と技術の連携範囲を再検討する必要はない. 3. フィードバック機構によるAI精度の向上に伴って、業務プロセスを徐々に変化させる必要はない. 4. AIを利活用する場合の業務プロセスにおいて重要なことの1つは、アナログ空間にいる人が今までのように業務を行うことである.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    1. 正解 2. AI導入後のコストが増大する場合には、AIの適用箇所と技術の連携範囲を再検討する必要がある. 3. フィードバック機構によるAI精度の向上に伴い、業務プロセスを徐々に変化させる必要がある. 4. AIを利活用する場合の業務プロセスにおいて重要なことの1つは、アナログ空間にいる人が今までのように業務を行うことではなく、デジタル空間にデータを記録しながら実行する状態で業務を行うことである.

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント