Now Loading...

Now Loading...

本番環境での実装・運用

本番環境での実装・運用

学習済モデルの開発が終わり、いざ本番環境での実装・運用を行う場合に考えなくてはならないことがあります。

まず必要なことがモニタリングです。本番環境では実世界のデータを用いて予測を行うため、学習時とは異なる挙動になることが多々あります。これを速やかに発見、対処を行うために精度の監視といった作業を行う必要があります。また、運用していく中で実際に得られたデータを用いてモデルを再学習することもあり得ます。外部環境が変化した場合も説明変数の追加やモデルの再学習が必要です。実装チームと運用チームが同じである場合は問題はないのですが、異なるメンバーである場合はソースコードの意図が理解しづらいことも考えられるため、開発の時点で理解しやすいコードの記述、チーム間の説明等を徹底する必要があります。

クイズ

モデルを本番環境で運用する際の説明として最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    いくら本番に近い環境で学習を行っていても、本番環境では想定していない事態に遭遇することは多々あります。そのため、精度のモニタリング等を行い、異常時に速やかに対処できるようにすることが必要です。運用チームがソースコードをきちんと理解していなければ対処に時間がかかるため、実装チームから引継ぎを行うことが重要です。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント