Now Loading...

Now Loading...

AIと安全保障・軍事技術

AIと安全保障・軍事技術

AIと安全保障・軍事技術に関する議論で頻繁に話題に上るのは、自律して攻撃を行う兵器です。

これに関する研究はやめるべきだという議論が2017年から国連で始まっており、またGoogleでもアメリカ国防省と共同で研究していたAI技術を用いた軍事ドローンについて、社員からの反発により2018年にプロジェクトから撤退しました。

クイズ

AIの開発や普及が爆発的に進む一方で、軍事的な利用を危険視する声も高まっている。これに関して、最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    人間の手を借りずとも自律的に敵を発見し、殺傷する能力を持つ兵器を自律型致死兵器システム(LAWS)といい、ジュネーブ国連本部で規制の検討が行われています。

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント