Now Loading...

Now Loading...

AI・データの利用に関する契約ガイドライン

ディープラーニングの社会実装に向けて データの収集 AI・データの利用に関する契約ガイドライン

AI・データの利用に関する契約ガイドライン

AI・データの利用に関するガイドラインは、学習済みモデルの開発に適した契約形式を採用し、さらにステークホルダー間の認識をすり合わせるためのプロジェクト管理方法を示した、経済産業省によって公表されたものです。

これによると、開発プロセスを四つに分割し、アセスメント、PoC、開発、追加学習といった手順に分かれています。アセスメントは一定量のデータを使用し、モデルを実現できるかを検証するためで、成果物はレポートなどで得られます。それに関する契約としては秘密保持契約書等があります。PoCとはProof of Conceptの略で、新たな概念やアイデアの実現可能性を示すために、部分的に実現することを意味しています。目的としては学習用データセットを用いることによって希望とする精度のモデルが生成できるかを検証することにあり、成果物はレポートや学習済みモデルなどがあります。これに関する契約としては導入検証契約書等があります。開発は文字通り学習済みモデルを生成することを目的として、成果物も学習済みモデルです。契約としてはソフトウェア開発契約書があります。最後に追加学習は売り手が納品した学習済みモデルを追加のデータセットを用いて学習することを目的として、成果物は再利用モデルです。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 経済産業省による「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」に関して、開発プロセスを1.学習済みモデルの生成可能性を検証する(ア)、2.学習用データセットを用いてユーザが希望する精度のモデルが生成できるか検証する段階、3.実際に学習済みモデルを生成する段階、4.納品した学習済みモデルについて、追加の学習用データセットで学習を行う段階の四段階に分けて段階的に開発を進めることを提唱している。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    開発プロセスは次の4つに分けられます。①アセスメント、②PoC、③開発、④追加学習。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第7章 7-3 P309) (参考:G検定公式テキスト 第1版 P291) 

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント