Now Loading...

Now Loading...

AI システムの提供方法

AI システムの提供方法

AIシステムの提供方法には大きく分けてクラウドAIとエッジAIという二つの方式が存在します。

クラウドAIはセンサー等の端末が集めたデータをインターネットを介してクラウドに送信し、クラウド上の巨大なサーバーで計算を行い推測結果を端末に返すものです。大量のデータを用いた複雑な計算が可能で、端末の作成コストを抑えることができます。

エッジAIはセンサー等の各端末にAIが搭載され、集めたデータを用いてその場で計算を行い、推測・判断を行います。インターネットを介さないため通信状況に左右されず、リアルタイムな判断が可能かつデータが傍受されることもないのでセキュリティの観点からも安全です。

自動運転ではリアルタイムな判断が求められるためエッジAIが適していますし、インターネット広告の最適化のような莫大なデータを用いる計算にはクラウドAIが適しています。クラウドAIとエッジAIを組み合わせ、タスクごとにそれぞれのAIに割り振るといった手法も存在します。

クイズ

IoTに関して、エッジAIとクラウドAIの手法が代表的である。これに関して、最も不適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    エッジAIとは、スマホや車等の端末自身にAIを搭載し、得たデータを処理・推論してから自分自身で学習まで行うか、または処理したデータをクラウドAIに送信して学習する手法です。通信容量の削減につながる他、必要な情報のみを送ることで不必要な個人情報の漏えい等を防ぎます。端末に搭載されているAIなのでクラウドAIに比べて計算能力は劣ります。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント