Now Loading...

Now Loading...

利用者・データ保持者の保護

利用者・データ保持者の保護

利用者・データ保持者の保護に関して、著作権法と不正競争防止法で保護を受けるパターンがあります。

著作権法に関して、データには基本的に創作性はないため著作物として保護を受けることは難しいですが、「データベースの著作物」として保護を受けられる可能性があります。データがきちんと整理され、パソコン等で検索できるように体系的に構築したものはデータベース製作者の創作性が認められ、保護を受けられることがあります。データを単に50音順に並べたようなものは創作性が認められず、データベースの著作物と認められないかもしれません。

不正競争防止法において「限定提供データ」として保護を受けることができます。これは①限定提供性②相当蓄積性③電磁的管理性を満たす必要があります。①限定提供性は特定の者にだけ提供されたデータであること、②相当蓄積性はデータの量が価値を有するほどに充分であること、③電磁的管理性はパスワード等適切な手段でデータが管理されていることを指します。

クイズ

不正競争防止法において「業として特定のものに提供する情報として電磁的方法により相当量蓄積され、及び管理されている技術上又は営業上の情報」を定義されているものを何というか、最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    コンソーシアム等で共有されたデータは不正競争防止法における営業秘密として保護を受けることはできませんが、限定提供データとして保護を受けることはできます。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント