Now Loading...

Now Loading...

プライバシー・バイ・デザイン

プライバシー・バイ・デザイン

プライバシー・バイ・デザインは1990年代提唱され、1.事前的すなわち予防的なデザイン、2,初期設定すなわち初期設定の段階でプライバシーに考慮した状態にする、3.組み込みすなわちデザインにプライバシーを組み込む、4.ポジティムサムすなわち全機能的であること、5.徹底的であること、6.透明性すなわち公開を維持すること、7.利用者中心すなわち利用者のプライバシーをできる限り尊重する、といった7つの基本原則が挙げられています。

クイズ

システム設計等において、プライバシー・バイ・デザインの考え方を持つのは重要である。これの説明として最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    プライバシー・バイ・デザインはAnn Cavoukian博士が1990年代に提唱したもので、システム開発の最初から最後までプライバシーに関する考慮を行うという考え方です。

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント