Now Loading...

Now Loading...

悪用へのセキュリティ対策

悪用へのセキュリティ対策

有用なモデルは、自然言語処理ではフェイクニュースの作成、画像生成モデルであればディープフェイクの作成等に悪用される可能性があります。

モデルは論文等で一般に公開されている場合、悪用を事前に防ぐことはほぼ不可能に近いです。したがって、悪用された後の対応が重要です。マイクロソフト社の「Microsoft Video Authenticator」やSummarize Botの「Fake News Detection」等、フェイクを見破るための技術が研究されており、これらの利用が有効です。モデルの悪用とその対策はいたちごっこの関係にあるため、常に最新の情報を得るよう心がけましょう。

クイズ

以下の文章を読み,空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ. ディープラーニング技術の向上に伴い,(ア)が問題視されるようになった.これは主にGANにより作成されるもので,偽のポルノビデオ作成や政治的な悪用などの懸念がある.
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    ディープフェイクはGANを用いた画像技術であり,映像の顔部分に別の人の顔などを高精度ではめ込むようなことが可能です.そのため,偽のポルノビデオ作成や虚偽の報道による政治的な悪用に使われる危険性があり,対策が議論されています.

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント