Now Loading...

Now Loading...

カメラ画像利活用ガイドブック

事業者と生活者の相互理解を構築するための参考となるように作成されたものが「カメラ画像利活用ガイドブック」です。

例えば、街中にカメラを設置することにより迷子の早期発見に繋がったり、またスーパーにおいて客の移動データを利用することで商品の陳列に役立てる等様々な利活用が可能です。一方、生活者は「自分の撮影データが何に使用されるか分からない」といった不安を抱える可能性があります。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 スーパー等でカメラを設置し、来店者の身体情報と購買情報の関係を学習して利用することで売り上げの向上が期待できる。しかし、ユーザーの中には行動を監視されていると不安を感じる者もいる。そこでカメラ画像等をデータとして利用する企業が配慮しなければならないことに関する(ア)が経済産業省などから公開されている。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    第1版が2017年に、改訂版が2018年に公開されています。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第7章 7-4 P311-313) (参考:G検定公式テキスト 第1版 P295-296)

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント