Now Loading...

Now Loading...

プライバシーの配慮

プライバシーの配慮

店舗にカメラ等のセンサーを設置しユーザの情報を学習に利用することは有用ですが、漠然とプライバシーの侵害であると不安に感じているユーザも存在します。

したがって、生データから必要な情報を抽出した後は速やかに削除するといった配慮が求められます。例えば、スーパーで顧客の動きをカメラで追い、動線データから商品の位置を最適化したい場合は動画データから動線データを抽出次第動画を削除するといった配慮が考えられます。また、データ取得の旨とその目的をポスター等で店内に貼るといった配慮も重要です。

クイズ

IoTの急速な発展に伴い、カメラ等のデータ利用を行いやすくなった一方でプライバシー侵害や不安等の声も上がっている。これに対応するため「カメラ画像利活用ガイドブック」がIoT推進コンソーシアム、経済産業省及び総務省から公表された。これの内容に関して、最も不適切な選択肢を1つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    個人情報の取得をする場合は利用目的をユーザーに通知する必要がありますが、カメラ本体に提示する必要はありません。店内であればポスター掲示、または自社ホームページへの記載等の対応が考えられます。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント