Now Loading...

Now Loading...

AI プロジェクト進行の全体像

AI プロジェクト進行の全体像

AIプロジェクト進行の全体像は大きく分けて①構想、②設計、③検証(PoC)、④実装・運用の4段階に分けることが可能です。

まず、①構想段階ではAIに関して学び、AIを用いてどんなことが出来そうか?を構想します。②設計段階では社内におけるどの課題をAIで解決できそうか?またそのためにどんなデータが必要になるか?費用や期間はどうするか等を設計します。③検証(PoC)段階では実際にモデル構築を行い、目標とする精度が実現可能かを検証します。④実装・運用段階では学習したモデルをどう社内のシステムに組み込むか、またどのようにメンテナンスやアップデートを行うか等の運用方法について考えます。

クイズ

AI技術を利用した開発におけるPoC段階の概要として、最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    PoC段階では、学習済みモデルの生成、精度の検証作業を行い、事後の開発の可否やアセスメント段階での検討結果をその程度達成できるかを調査します。

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AIエンジニアを目指すならE資格

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験に必要となるE資格認定プログラムを割引価格で提供中です。最短合格を目指す方向けのスピードパッケージを70,000円で提供中。(一発合格で33,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中です) zero to one E資格 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの社会実装に向けて

AIと社会

AIプロジェクトの進め方

データの収集

データの加工・分析・学習

実装・運用・評価

クライシス・マネジメント