Now Loading...

Now Loading...

シグモイド関数

シグモイド関数

シグモイド関数は、ロジスティック回帰のモデルの出力に用いられる関数です。f(x)=11+e-ax (a>0)によって表され、任意の値を0から1の間に変換します。

例えば閾値を0.5と設定すると、0.5以上ならば正例、0.5未満ならば負例とすることで、データを2種類に分割することができます。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 ロジスティック回帰ではモデルの出力にシグモイド関数が使われるが、これはロジスティック関数とも呼ばれ、(ア)という特徴がある。この性質を用いて、与えられたデータからある事象の起こる確率を求めることが出来る。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    シグモイド関数は入力に対して出力が0から1の間を滑らかに変化してS字を描く関数です。モデルの出力をこれに当てはめることで入力データから確率を求めることが出来ます。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第4章 4-1 P124-125)

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla

関連ワード

機械学習の具体的手法