Now Loading...

Now Loading...

分散表現

分散表現(distributed representation)とは、単語を次元数の低いベクトルに変換する方法で、これによりベクトル間の距離や位置関係から単語の意味を表現することができます。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 自然言語処理の「分散表現」では、単語を(ア)で表現する。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    分散表現(あるいは単語埋め込み)とは、単語を高次元の実数ベクトルで表現する技術です。近い意味の単語を近いベクトルに対応させるのが分散表現の基本ですが、最近はベクトルの足し算が意味の足し算に対応する「加法構成性」などを中心に、理論や応用の研究が進んでいます。 (参考: JDLA推薦図書「AI白書2017」 P64 - 78」, 「AI白書2019」 P52 - 58」)

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化