Now Loading...

Now Loading...

高速フーリエ変換

高速フーリエ変換

高速フーリエ変換(FFT)は信号に含まれる周波数成分を解析する手法としてよく用いられるアルゴリズムです。

FFTによって音声信号は周波数スペクトルに変換することが可能です。
一般に、周波数Nの離散フーリエ変換では計算量は乗算をO(N2)ですが、FFTを用いると計算量はO(N・log2N/2)で行うことが可能です。
以下の画像では周波数10,20,40[Hz]の合成波をFFTした結果を右図に示しています。実際に10,20,40[Hz]の周波数スペクトルが得られていることがわかります。

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化