Now Loading...

Now Loading...

SSD

SSD

SSDは物体検出タスクにおける1段階モデルで、YOLOの後継モデルです。

SDDでは図(b),(c)のような複数のスケールにおける特徴マップを求め、それぞれの位置において複数の矩形で特徴量を畳み込みます。そして、矩形ごとに領域の位置と大きさ、さらにはクラスの確率を求めます。矩形の位置、大きさ、クラスが一致するように学習が行われます。YOLOとの違いはYOLOがバウンディングボックスを出力層のみで行なっていたのに対して、SSDではCNNを用いて複数の層からバウンディングボックスを出力するという点です。

クイズ

SSDはSingle Shot Multibox Detectorの略であり、一般物体検知に用いられるアルゴリズムである。SSDに関する説明として, 最も適切な選択肢を 1 つ選べ.

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化