Now Loading...

Now Loading...

パディング

パディング

パディングは入力画像の周囲にピクセルを囲む手法です。

通常の畳み込み処理では入力画像に対して畳み込み処理を行うと出力はサイズが小さくなります。よって畳み込み処理を何度も行うと小さくなり過ぎて処理が行えなくなってしまいます。そこでパディングを行うことで入力サイズと出力サイズが可能になり、畳み込み処理が連続して行うことができます。ちなみに画像における周りを0のピクセルで囲むパディングを0パディングと言います。

クイズ

以下の文章を読み、空欄(ア)に最もよく当てはまる選択肢を1つ選べ。 画像の畳み込み処理は、画像からフィルタのパターンと一致する箇所を検知する手法である。入力画像の周辺を画素値で埋める等の処理を(ア)という。 (参考:深層学習 P83 – 87)
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    入力画像の周囲をデータ(0など)で囲むテクニックをパディングと言い,畳み込み処理でよく用いられます.画像のサイズが変わらないようにできる,端の特徴量も捉えることができるなどの特徴があります.図は5×5の画像に幅1ピクセルのゼロパディングを行った場合を表しています.

特別割引クーポンのお知らせ

zero to one G検定 jdla

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化