Now Loading...

Now Loading...

BPTT

BPTT

BPTTは誤差逆伝播法をRNNにおいて適用した学習アルゴリズムです。

ある時刻tにおける誤差はtにおける教師データとの誤差と時刻t+1における隠れ層から伝播してきた誤差の和になります。この手法は全ての時系列データがなければ学習が行えないといった問題点があります。

クイズ

RNN(Recurrent Neural Networks)の学習に関して、最も適切な選択肢を以下の選択肢から1つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    1、勾配消失を抑制するためにtanh関数が活性化関数としてよく用いられます。2、RNNでのバックプロパゲーション(誤差逆伝播学習法、Backpropagation)は、時間軸に沿って誤差を反映していくため、BackPropagation Through-Time (BPTT)と呼ばれます。3、RNNは言語データを扱うことができます。4、RNNの学習では中間層の出力を保持しておく必要があります。 (参考: G検定公式テキスト 第2版 第6章 6-4 P238-240) (参考: G検定公式テキスト 第1版 P167-169)

特別割引クーポンのお知らせ

<人工知能基礎&G検定実践問題集>

・クーポン:aibgt220920-2bso
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

<G検定実践トレーニング>

・クーポン:gt220920-1dao
・有効期間:2022年10月21日(金)

*使い方:以下バナーより「購入する」に進んでいただき、左下のクーポン欄にご記入、適用してください。

zero to one G検定 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化