Now Loading...

Now Loading...

オフライン強化学習

オフライン強化学習

オフライン強化学習とは、過去に集めたデータのみを使ってオフラインで強化学習を行う手法です。
オンラインでの探索には危険や経済損失が伴うため、それを必要としないオフライン強化学習は、医療や自動運転などの様々な場面での活躍が期待されています。

👉より体系的に学びたい方は「人工知能基礎」(東京大学松尾豊先生監修)へ

クイズ

強化学習はオフライン強化学習とオンライン強化学習に大別される。オフライン強化学習について述べたものとして最も適切な選択肢を一つ選べ。
  • 正解を見る
  • 解説を見る
    オフライン強化学習は過去のデータだけで強化学習を行います。例えば医療の現場では実際の環境と相互作用させて強化学習するのはリスクが大きく現実的でないため、オフライン強化学習を用いるのが良いと考えられます。

    👉G検定の受験対策は約1,000問収録の「G検定実践トレーニング」へ

G検定(G2024#5)全国模擬試験を開催

日本ディープラーニング協会(JDLA)による2024年9月開催の「G検定」(2024#5)を目指す方々向けのオンライン模擬試験です。G検定の最新シラバスに対応した問題が、分野ごとに幅広く出題されるため、本番さながらの体験が可能です。 zero to one E資格 jdla

人工知能基礎講座を提供中

人工知能の第一人者である東京大学の松尾豊教授が監修した人工知能基礎講座を受講してみませんか? 人工知能の歴史から自然言語処理、機械学習、深層学習といった最先端のトピックやAIに関わる法律問題まで網羅しているので全てのビジネスパーソン・AIの初学者におすすめです。

サンプル動画

人工知能基礎講座はこちら↓ zero to one G検定 人工知能基礎 jdla

AI初学者・ビジネスパーソン向けのG検定対策講座

G検定受験前にトレーニングしたい方向けの問題集「G検定実践トレーニング」も提供中です。 zero to one E資格 jdla

zero to oneの「E資格」向け認定プログラム

日本ディープラーニング協会の実施するE資格の受験ならzero to oneの「E資格」向け認定プログラム (税込165,000円) をおすすめします。当講座は、東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授と東北大学大学院情報科学研究科の岡谷貴之教授が監修する実践的なプログラムとなっています。 厚生労働省の教育訓練給付制度対象のE資格認定プログラムの中では最安値※となり、実質負担額49,500円~(支給割合70%の場合)で受講可能です。※2023年弊社調べ zero to one E資格 jdla

関連ワード

ディープラーニングの手法

畳み込みニューラルネットワーク

深層生成モデル

画像認識分野

音声処理と自然言語処理分野

深層強化学習分野

モデルの解釈性とその対応

モデルの軽量化